風呂のカビを防止するとっておきの方法

この記事は1分で読めます

風呂のカビって、どんなにこまめに換気していても、いつの間にか広がっていますよね。

壁や床が黒くなり始めたころは、すでにかなりカビが繁殖している状態で、目に見えない内からカビは胞子を出し続けています。

カビが目立ってから掃除したのでは遅いのです。

 


しかし、こまめに対策をすればカビの発生をかなり抑制することができます。

そこで今回は、風呂のカビを防止するとっておきの方法をお伝えしましょう。

 


 
その①: 最後に熱いお湯をかける
カビは熱に弱く、50℃から60℃程度のお湯で死滅すると言われています。

お風呂から上がる前に、シャワーで壁や床にお湯をかければ、それだけでカビ防止になるのです。

カビのエサとなる石鹸カスなども流れやすくなるので、一石二鳥ですね。

 


よく、冷たい水をかけると良いと言いますが、水ではカビは死にません。

あれは、水をかけることで浴室内に湯気をこもらせないことが目的です。

根本的にカビを減らすには、熱いお湯が必要です。

 


 
その②: 浴室内を拭き取る
カビは湿気を好みます。

風呂から上がる前に、浴室内の水滴を拭き取ると、カビが繁殖しにくくなります。

 


 
その③: 防カビ剤を使う
お風呂の洗剤には防カビ剤タイプの物があります。

また、防カビ煙霧といった、防カビ専用の商品もあります。

定期的に行うことで、カビの繁殖しにくい状態を保つことができますので、おすすめです。

 


関連記事

  1. 浴室のカビを取る方法
  2. 浴槽のエプロンはばい菌だらけ!
  3. 風呂釜パイプの湯ドロ
  4. 浴室の換気扇

このサイトについて

ほら、掃除ができない人が見る
ためになるブログ!まいどピカリ♪
超簡単なプロフィールはこちら

おすすめカテゴリー記事

  1. 掃除機で網戸のほこり
  2. これは簡単!楽々網戸掃除
  3. 網戸掃除グッズ
  4. スクイジーを使った窓ガラスのお掃除
  5. 窓ガラスのサッシにカビが!
  6. ウォシュレットのノズルを掃除する
  7. 便器の黒ずみをすっきり掃除
  8. トイレのタンクのお掃除
  9. 熊のマークのブランドのダウン
  10. Nikeid・ナイキid